ブログBlog

医院におけるホームページ作成の必要性

患者さんの医院選びについて、情報収集の中心が以前までは雑誌や本、電話帳などでしたが、現在はパソコンやスマートフォンの普及で、完全にインターネットに移っています。

例えば歯科医院の場合を例にご説明いたします。icon-google-logo_400yahoo

「歯や歯茎が痛い!」、「被せていたものが取れた!」、「インプラント治療を受けたい」といったとき、まず初めに調べるのがインターネットでの近所の歯科医院のホームページです。

この段階で「ホームページがない」というだけで、患者さんの医院選びから漏れて、多くの患者さんを取り逃している可能性さえあります。

ホームページは医院に必須の集患・増患ツールといえるでしょう。

①新規患者へのアプローチ
パソコンやスマートフォンの普及により、「ホームページ検索」による来院が増えてきています。広告宣伝用の媒体として活用でき、さらに医院の認知度向上としても大きな役割を担います。また医院を決めるきっかけとして、ホームページが上位にあげられるようになってきています。

②名刺や医院案内のパンフレットの延長として
診療所名、診療科目、所在地、電話番号、診療時間、地図等の基本情報のほか、院長先生の簡単なプロフィール、診療理念、挨拶文などを掲載することで、「自ら情報発信することが出来る公式のツール」として活用することができます。

③求人媒体として248798
多くの場合、院長先生の診療理念や求職者に対して求める勤務姿勢、必要とされる
知識・技術が記載されています。書かれている内容に理解した方が応募してくることにより、採用面接を効率的に進める役割も担っています。

④診療案内・説明のツールとして
自費診療の場合、その場で即決出来る患者は、それほど多くはありません。
ほとんどの方が事前に各医院について調べています。
その際、先生がお持ちのツールをデータ化し、ホームページで公開することにより、自宅で検討することが出来、効果を発揮します。

⑤患者さんへの信頼度の向上
医院の情報をただ載せるだけではなく、患者さんの疑問や悩みについての情報、新しい医療情報の配信など
のサービス(医院内ブログ)を充実させることによって、医療情報に詳しく、患者の悩みや疑問を理解してくれる医院!という信頼度の向上も担っています。

お問い合わせContact
営業時間/9:30~18:30 | 休業日/水,日,祝日
グロリード株式会社
  • 〒650-0021
  • 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目4-9ウエシマ本社ビル4F
  • TEL:078-391-7875
  • FAX:078-391-8110
  • 休業日:水・日・祝日
  • JR・阪神・阪急・地下鉄
    ●三ノ宮駅から徒歩5分
  • 拡大地図はこちら